子犬 吠える しつけ

甘やかすだけがしつけではない

犬のしつけは成犬になってからでは時間がかかる上、うまくいかないことも多くなります。 そのため、子犬の段階でしっかりとしつけをすることが重要です。 目一杯甘やかすことが、犬にとって良いことだと勘違いしている人もいるかもしれません。 しかし、あまりに犬と飼い主が

来客に吠える犬の対策

子犬の頃から主従関係をはっきりさせておくと、後々のしつけにも好都合です。 主従関係がしっかりと確立できていないと、飼い主に対して反抗的になったり、来客者にやたらと吠えたりするようになります。 まずは飼い主が自分の主人であるということを、きちんと犬に認識させなけ

犬に主従関係を覚えさせる

犬は集団の中での位置づけを重視する動物です。 そのため、自分のポジションが一番下であるということをしっかり認識させれば、言うこともよく聞くようになります。 しかし、雄犬の場合は支配欲が高まることがあり、要求をかなえるためによく吠えることがあります。 これに対

子犬の夜鳴きについて

子犬を飼うことになった場合、最初の何日かは夜鳴きをすることがあります。 それまで母親や兄弟たちと一緒にいたのに、ガラリと環境が変わるわけですから、夜鳴きをするのも当然のことです。 しかし、可哀想だからといって飼い主がずっとそばについていることは、しつけの観点か

サプライズによるしつけ

子犬をしつけるときの基本は、褒めることです。 しかし、ただ褒めるだけではなかなかうまくいかないこともあるでしょう。 そんなときは、どうすれば良いのでしょうか。 いうことをきかないからといって、絶対にやってはいけないのは体罰です。 手で叩いたり、足で蹴ったりし

罰を与えるより褒めることが大切

犬のしつけには、何か好ましいことをしたときに褒める方法と、悪いことをしたときに罰を与える方法があります。 基本的に、犬は褒めて育てる方が従順になりやすいとされています。 体罰は最も良くないことで、反抗的になる場合もあり、メリットよりもデメリット方が大きいと言

無駄吠えの意味

犬のしつけの中のひとつに、無駄吠えをどうやって止めさせるかという問題があります。 しかし、無駄吠えというのは、あくまで人間視点の言葉です。 人間には無駄と思えるようなことでも、犬には意味のある行為なのです。 まずはなぜ吠えるのか、その理由を考えなければなりませ

しつけに必要なこと

犬を飼うなら、子犬のときからしっかりとしたしつけをしておきたいものです。 成犬よりも子犬の方が学習しやすいですし、トラブルが起こる前にあらかじめ手を打っておく方が良いでしょう。 しつけをする上でまず身につけさせたいのが、「お座り」や「待て」などの基本動作です

犬の要求を考える

犬をしつける上で多くの人が悩んでいることといえば、無駄吠えを治すことではないでしょうか。 犬は子犬のうちからしっかりとしつけをしておかないと、無駄吠えが多くなったりします。 吠えるからには犬にも理由があります。 人間には言葉はありますが、犬にはありません。

犬のしつけの考え方

犬が頻繁に吠えるようだと自分や家族だけならず、近隣の住人にも迷惑をかけかねません。 大きな鳴き声にはほとんどの人が不快感を覚えるため、それによるトラブルの可能性もでてきます。 そうした問題を未然に防ぐためにも、無駄吠えをしないように子犬のうちからしつけておきた
無駄吠え防止グッズ しつけくん
ランキングetc

ブログランキング
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座