子犬 吠える しつけ

野生の動物とペットの違い

野生の動物は、滅多に吠えることがありません。 吠えるということにメリットがないからです。 無駄に吠えれば敵に見つかってしまう可能性がありますし、鳴いたところで誰かが何かをしてくれるわけでもありません。 それに対し、人間に飼われている動物は「無駄吠え」という言

吠え方の種類

飼い主が吠えて欲しくないときに吠えることを、無駄吠えといいます。 やたらに吠えることは飼い主だけでなく、周りにも迷惑をかけます。 また、常に吠える犬は病気にもなりやすいようです。 犬が吠える理由は、大きく2つに分けられます。 ひとつは、寂しい、お腹が空いたな

子犬にはいろいろなものを見せるのが大切

しつけとして子犬のうちにやっておきたいことがいくつかあります。 そのひとつが、いろいろなものに触れさせておくということです。 子犬はまだまだ知らないことが多く、どれが安全で、どれが危険なのかということもよく分かっていないので、世の中にはいろいろなものがあるとい

留守番中の無駄吠え

まだしつけがしっかりとなされていない子犬は、いろいろなシーンで無駄吠えをすることがあります。 そういうときには、適切なしつけを身につけさせることが大切です。 子犬のうちにしっかりとしておかないと、大きくなってからしつけるのは困難になります。 人は普通に生活す

吠える原因を考える

わたしたち人間は、言葉を使ってコミュニケーションができます。 書いたり話したりすることで、お互いに意思疎通を図ることができます。 たとえ言葉が通じなくても、身振り手振りや顔の表情で相手の感情を察することができます。 しかし、動物はそういうわけにもいきません。

無駄吠えの際にやってはいけないこと

飼われはじめたばかりの子犬はよく吠えることがあり、あまりにもその程度が過ぎると、近所に住んでいる人にまで迷惑がかかることもあります。 子犬の声は甲高いので、夜になると静かな住宅地では、かなり遠くまで鳴き声が聞こえてしまいます。 また、屋内で飼っている場合は、自

しつけのために我慢することも必要

子犬を飼い始めると、慣れない環境ということもあり、ずっと鳴き続けたり、吠え続けたりすることがあります。 何とかしようと思って、大声を出したり叱りつけたりしても、吠える原因を取り除いてあげない限り、しつけとしても良くありません。 吠える原因はいくつか考えられま

子犬の夜鳴き対策

子犬を飼い始めたものの、一晩中夜鳴きが続き困っている。 そういう場合にどうしたら良いのか、子犬が吠える原因と共に考えていきましょう。 明るいうちは人間と一緒にいたのに、寝る段階になったら急に暗いところに一人で置かれる。 そうなったら子犬は不安になり、寂しくも

子犬の住む環境を考える

可愛いからと思って子犬を買ってきたものの、家で鳴き続けて困っている。 そういう人がいるかもしれません。 しかし、子犬は子犬なりの理由があって吠えるものです。 ですから、その原因を取り除いてあげなければ、いつまで経っても吠えるクセは直りません。 まずは環境の問

子犬に甘えさせるタイミング

最近ではペットを飼えるマンションやアパートなどが増えてきています。 しかし、いくら飼うことが可能だといっても、そのペットがずっと吠え続けているようでは困りものです。 そういうことが続けば、近隣とのトラブルも引き起こしかねません。 子犬の場合、環境が変わったこ
無駄吠え防止グッズ しつけくん
ランキングetc

ブログランキング
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座